転職するなら自分の強みを明確にしよう!

どういった動機で転職を考えていますか?

今の給料に不満があるから、休みが少ない、やりがいを感じないなどなど。動機は人それぞれだと思いますが、一言で言うと、現在の職場に対する不満が転職を考え始めるきっかけとなっている方が多いのではないでしょうか。

私もそういった現在の職場への不満から、転職を考え、実際に転職した1人です。私の経験から転職を成功させるためには何が必要か考えてみたいと思います。

私の転職は前職とまったく関係のない仕事に転職しました。前職は大学卒業後新卒で就職し、10年勤めたので、転職時には33歳でした。

当然周りには自分よりキャリアがある同い年や年下の同僚がいて、自分も頑張らなきゃいけないと毎日頑張っていました。

まったくの異業種から飛び込んだので、その業界の風習や慣習、仕事のやり方などまったく分からず、周りの人に頭を下げながら、教えてもらいながら、何とか仕事わしていたのを覚えています。

転職してまったく戦力にならなかった私ですが、周囲の期待値と評価は意外に高いものでした。なぜ私がそんなに評価されていたかというと、異業種からの参入だからでした。

基本的にその業界は転職して入る人はほとんどおらず、学校を卒業して、その業界しか知らない人しかいないところです。

世間では、実際の社会を知らないなんて陰口をたたかれていたりする業界です。顧客と会う機会もあったのですが、やはり他の人と違う経験をしているからと大いに期待されていたようです。

まったくの素人ですが、周囲の協力もありなんとか1年目を乗り切り、正式に採用されることができました。

この経験から、転職に必要なものは強みを見つけることだと思います。

私の場合の強みはこの業界の誰も知らない他の世界の事を知っているというのが、思いがけず自分の強みになり、周りが評価してくれたおかげで円滑に仕事のに取り組むことができました。

転職する場合、私のようにまったくの異業種に飛び込む方もいれば、ヘッドハンティングのように、同業他社に移る肩もいると思います。

いずれにしても、よい転職をするためには、現在の仕事を責任を持って最後まで勤めあげることが、転職する上での最も重要なことだと思います。

一番最初に記した通り、転職の動機の大半は今の会社への不満から来ているものだと思います。しかし転職するためにはその不満をグッと抑え、しっかり自分の責任。全うすることが、自分の実績につながり、転職する上での、自分の強みになるんだと思います。

もし自分の強みが分からなければ、ストレングスファンダーを受けて見つけるのもいいでしょう。